お年寄り

住宅型有料老人ホームも人気です|快適に過ごせる施設

需要は高まる

介護士と男性

介護ソフトの種類に関して

介護ソフトは、パソコンに導入するパッケージソフト型とインターネットを介してメーカーが提供するソフトを有料で利用するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスと言われるものがあります。ASPサービスは、必要な機能だけをレンタルするというイメージで、特定施設サービス向け、障害者福祉サービス向け、居宅サービス向けといった様々なパッケージが用意されています。導入コスト・運用コストが抑えられるので、小・中規模向けの施設にも利用しやすい仕組みになっています。ASPサービスでは、お試し期間もあるので、実際の施設の運用実態に適した、そして現場の職員に利用してもらって、最適な介護ソフトを選択し、導入していく事が大事です。

高齢化社会の中でのソフトの役割

これから、高齢化社会が進むにつれて、介護業界の需要がますます増えていく事が予想されます。これに伴い、介護ソフトの機能もどんどん多機能となっていきます。介護ソフトで実現できる機能としては、システムの導入後の操作・運用等が容易な事、計画的なコスト管理ができる事、リアルタイムな進捗確認等が可能な事があげられます。また、介護業界は法改正が多く、法改正にあわせて介護ソフトも柔軟にそしてスピーディに対応する事が大事です。今後は、地域密着型のサービス機能が充実する事が予想されます。施設に入居できず、一人暮らしの高齢者も増えているので、地域の介護施設が中心になり、一人暮らしの高齢者をサポートする、そして介護ソフトが職員をサポートする役割になっていく事が重要と思われます。